カントリーリスク

中国、インド、タイ、様々なカントリーリスクがある。
日本メーカーの海外シフトが続く中、それでも開発拠点や
コア技術の生産はあくまでも日本に軸足を置き続けるメーカーは多い。
その理由のひとつがカントリーリスクだ。
2012年には尖閣諸島の所属をめぐり、中国各地で暴動が発生し、
多くに日本車およびショールームが破壊される事件が起きた。
また、2011年はタイで大洪水が発生。ホンダの組立工場など
多くに日本企業に被害が出て各メーカーが対応に追われていたことは記憶に新しい。
また同じくタイでは14年5月20日に陸軍が警戒例を発令、予断を許さない政治状況が続いている。
日本には高騰する人件費や不安定な電力政策、高い税率などの問題点もあるが
海外にもそれぞれの事情に沿った問題がある。
中国の反日感情やタイの政治問題、インドの労働問題など様々な問題が山積している。
2013年の1年間、日本車の登録車で一番売れたのはトヨタのアクアで、
2位が昨年度の1位のプリウスだった。

マーチ新古車の賢い買い方

買える車

このところ気になっているミニバンがたくさんあって困っています。
好きな車が増えても、そんなの勝手に思っていればいいだろうという声も聞こえてきますが、私にとっては非常に重大な問題なので、思いっきり語らせていただこうと思います(笑)
続きを読む

ローン残の車はどうやって売る?

「1年間幸せになりたかったら家を建てなさい」というイギリスの諺があるそうですが、新型車を発売直後に購入し、街の人の視線を感じながら新車気分が味わえるのも半年か1年くらいのものかもしれませんね。
でもその新車気分が忘れられずに、「これだ!」というような新車が出たりすると、ローンがまだ残っている車を無性に乗り換えたくなるときがあるものです。
続きを読む

シートの位置

車を運転するとき、シートの位置をベストなポジションにするのが、なかなか難しいときがあります。シートの高さを調整したり、前後に調整したり、あるいはハンドルの位置を調整することができる車もありますが、身長が150cmの人が乗っても、あるいは身長が190cmの人が乗っても、ベストポジションが取れる車というのは、現実的に存在していないのかもしれません。

そこで、たとえば背の小さい人が、ベストポジションに近づけるために座布団を敷く人もいるようです。座布団を敷けば、座る位置が高くなるので、見えやすくなる効果があります。また、それだけでなくお尻が痛くないという効果もありますよね。ただ、長時間座っていると、逆に腰が痛くなってしまうこともありますので、腰に優しいクッションを選ぶことが大切になってきます。最近は、低反発素材の高級なクッションも販売されています。腰が沈み込み、ぴたっと固定するので、腰の負担を軽減させる効果があります。

未使用車

サンバイザー

自動車の日除けといえば、フロントガラスに取り付けるサンシェードがありますが、そのほか、側面やリアのガラスに取り付けるものもあります。自動車のフロントガラスに取り付けるものは、夏場など停車中にハンドルなどが熱くならないようにする目的で使われます。一方で側面やリアのガラスはプライバシー保護のために取り付けられます。特に車中泊を行う場合には、必須のアイテムといえ、これがあるだけで快適に行うことが可能です。また日除けをすることで直射日光が直接入り込まないので車内温度の上昇を防ぐ効果がありますし、カーテン状のもので、分厚い生地を使ったものであれば防音効果も期待できます。
また運転中に使える変わり種の日除けとしては、サングラスタイプのサンバイザーがあります。これは従来の純正サンバイザーに取り付けて使用するもので、純正のサンバイザーが、不透明で視界を遮ってしまうのに対して、サングラスタイプのサンバイザーであれば、視界を遮ることがないメリットがあります。

技術開発

日本は1960年代から1970年代にかけて、重傷死亡事故が年間で1万7000件近くあった。交通戦争なんて言葉が使われていたくらいだった。その頃に比べれば、件数はずいぶん減ったが、現在の自動車社会は違う問題を抱えている。
続きを読む