ローン残の車はどうやって売る?

「1年間幸せになりたかったら家を建てなさい」というイギリスの諺があるそうですが、新型車を発売直後に購入し、街の人の視線を感じながら新車気分が味わえるのも半年か1年くらいのものかもしれませんね。
でもその新車気分が忘れられずに、「これだ!」というような新車が出たりすると、ローンがまだ残っている車を無性に乗り換えたくなるときがあるものです。
続きを読む

シートの位置

車を運転するとき、シートの位置をベストなポジションにするのが、なかなか難しいときがあります。シートの高さを調整したり、前後に調整したり、あるいはハンドルの位置を調整することができる車もありますが、身長が150cmの人が乗っても、あるいは身長が190cmの人が乗っても、ベストポジションが取れる車というのは、現実的に存在していないのかもしれません。

そこで、たとえば背の小さい人が、ベストポジションに近づけるために座布団を敷く人もいるようです。座布団を敷けば、座る位置が高くなるので、見えやすくなる効果があります。また、それだけでなくお尻が痛くないという効果もありますよね。ただ、長時間座っていると、逆に腰が痛くなってしまうこともありますので、腰に優しいクッションを選ぶことが大切になってきます。最近は、低反発素材の高級なクッションも販売されています。腰が沈み込み、ぴたっと固定するので、腰の負担を軽減させる効果があります。

タント 高価買取

サンバイザー

自動車の日除けといえば、フロントガラスに取り付けるサンシェードがありますが、そのほか、側面やリアのガラスに取り付けるものもあります。自動車のフロントガラスに取り付けるものは、夏場など停車中にハンドルなどが熱くならないようにする目的で使われます。一方で側面やリアのガラスはプライバシー保護のために取り付けられます。特に車中泊を行う場合には、必須のアイテムといえ、これがあるだけで快適に行うことが可能です。また日除けをすることで直射日光が直接入り込まないので車内温度の上昇を防ぐ効果がありますし、カーテン状のもので、分厚い生地を使ったものであれば防音効果も期待できます。
また運転中に使える変わり種の日除けとしては、サングラスタイプのサンバイザーがあります。これは従来の純正サンバイザーに取り付けて使用するもので、純正のサンバイザーが、不透明で視界を遮ってしまうのに対して、サングラスタイプのサンバイザーであれば、視界を遮ることがないメリットがあります。

ライフ高価買取

技術開発

日本は1960年代から1970年代にかけて、重傷死亡事故が年間で1万7000件近くあった。交通戦争なんて言葉が使われていたくらいだった。その頃に比べれば、件数はずいぶん減ったが、現在の自動車社会は違う問題を抱えている。
続きを読む

下取りと買取でお得なのはどっち?

新車の購入時にはそれまで乗っていた車を下取りに出すことが多いですよね。新車の値引きと合わせて少しでも高く買ってもらいたいですが、そのときにディーラーで下取りするだけでなく中古車の買取専門店でも査定をすることでより高く売ることが可能になることもありますよ。

新車ディーラーというのはメインはあくまで新車の販売になるから中古車を買取するときには標準的な価格以上で買うことは難しくなります。だから、たいていは新車の値引きとして少しプラスされることが多いですね。それに比べて買取店は日々変わる中古車の相場の情報を持っているからどこでより高く売れるのか知っていることが多いですよ。

だから、より積極的に査定でも良い条件をつけてくれることがあります。新車購入時にはディーラーでそのまま下取りする前に1度は査定を受けてみるのもおすすめです。その際には一括して多くの査定を受けられるところを利用することでとても簡単に比較もできるからそれによってさらにより高く売れることもありますよ。無料で査定はできるから試してみるだけでも価値ありますよ。
車 買取 名古屋

車の下取り

車を買い替えるとなると、今乗っている愛車を売る必要があります。まあ、お金があれば、今の車を残しておいて新しい車を改めて買うこともできるでしょうが、普通は今の車を手放して資金の足しにしなくてはならないでしょう。当然、私もこの流れに該当します。
ついに車を買い替えることになり、新車の値引き交渉を進める中で、愛車を下取りに出すことを検討しています。でも、本当に得なんでしょうか?
続きを読む